しおりの広場 > 集英社文庫のしおり >1991

集英社文庫
集英社文庫しおり図鑑 

◆1991年◆

この年のしおりは、表が「松岡修造」、裏が「イミダス」や「作家作品」で、もっとも収集上のデータが得にくい年です。1月のみ例外的に「1月の新刊」の案内がありますが、それ以外は判断の基準が、挿入されていた文庫本に頼ることになります。秋になると、集英社は「ピカソ美術館」を発刊しました。この本にかける意気込みもまたすごいもので、「しおり」にも登場しますが、さらに11月・12月には「イミダス92」と共に特別の宣伝しおりを作成し、レギュラーのしおりに混在させました。



1991年1月



松岡修造
1月の新刊


1991年2月



松岡修造

1991年3月



松岡修造

1991年4月



松岡修造

1991年5月



松岡修造

裏は
「落合信彦作品」

1991年6月



松岡修造

裏は
「ヤングスタンダード」

1991年7月



松岡修造

「夏の一冊」

裏は「7月の新刊」
が復活している











1991年8月



松岡修造

裏は「8月の新刊」













1991年9月10月



ピカソ美術館

このしおりは9月刊行
の文庫にも
10月刊行の文庫にも
見られる。
裏は「イミダス92」

ただし、しおりと同じ図案で
作成されることが多い
9月の「案内」では

のようになっていて、
この図案のしおりが
存在する可能性も否定
できない。

1991年11月



ピカソ美術館

裏は「イミダスチェック1」

11月には、右画像の
「イミダス92」のしおりも
挿入されている。

よって、この月のしおりは
2種類となる。

1987年12月



ピカソ美術館

裏は「イミダスチェック2」

12月には、右画像の
「イミダス92」のしおりも
挿入されている。

よって、この月のしおりも
2種類となる。

1987年11ー12月

表「イミダス92」

裏「ピカソ美術館」

※9月以降のしおりについて、ぜひ情報をお知らせ下さい。(ラバーソウルみなみ)


  ●しおりの「裏」の「イミダス(91)」の宣伝(1月〜4月)

1月


2月


3月

4月



cacao86


しおりの広場 > 集英社文庫のしおり > 次にゆく