しおりの広場 > 集英社文庫のしおり >1988

集英社文庫
集英社文庫しおり図鑑 

◆1988年◆

この年のしおりの特色として、小説「すばる」の宣伝が頻繁になっていること、また、さわやかな男性(阿部寛)が集英社のイメージづくりに登場していることなどです。1月は、小泉今日子が登場、新刊のおしらせを表でやっています。こういう月は、裏で「小説すばる」の宣伝、2月のように表で「小説すばる」が登場している月は、裏で新刊案内を載せています。なお、3月だけ、新刊の挿し絵が復活登場しているのも異色です。



1988年1月



1月の新刊
小泉今日子


1988年2月



小説「すばる」
創刊第2号

1988年3月



「僕の憂き世風呂」
3月の新刊

1988年4月



ハンサムバージョン

1988年5月



小説「すばる」
創刊第3号

1988年6月



6月の新刊

1988年7月



阿部寛


1988年8月



小説「すばる」
創刊第4号


1988年9月



阿部寛

1988年10月



アナザーワールド
阿部寛


1988年11月



小説「すばる」
創刊1周年記念号

1988年12月



阿部寛

 なお、直接「しおり」とは関係ありませんが、8月のしおりにあるように、8月から、集英社文庫が著者別50音順配列の新番号をつけて、書店で探しやすくする工夫をしています。 また、6月には「花のしおり」プレゼントが実施され、2500名に「花の種子つきのしおり」が3種類、プレゼントされたことがわかります。このしおりについて情報をお持ちの方、お知らせ下さい。


cacao86


しおりの広場 > 集英社文庫のしおり > 次にゆく