しおりの広場 > 集英社文庫のしおり >1981

集英社文庫
集英社文庫しおり図鑑 

◆1981年◆

この年のしおりも、新刊本からの「挿し絵」が基本ではありますが、田中好子(元・キャンディーズ)の起用は異色です。また、3ヶ月ものあいだ「梅原猛著作集」が紹介されることも目立ちます。集英社の意気込みが伝わってきます。



1981年1月


すばる文学賞の作品
2冊の紹介

1981年2月


「アメリカのありふれた朝」

1981年3月


読み出したら、
もう何も聞こえない

1981年4月


読み出したら、
もう何も聞こえない

1981年5月


「味をつくる人たちの歌」

1981年6月



「青春の野望」

1981年7月



「アメリカン ジャズ
エイジ」


1981年8月



「梅原猛著作集」
(9月18日発売)

1981年9月



「梅原猛著作集」
(絶賛発売中)」

1981年10月



「梅原猛著作集」
(絶賛発売中)」

1981年11月



「いってきまあす」

1981年12月


「男と女をめぐる断章」

  


cacao86


しおりの広場 > 集英社文庫のしおり > 次にゆく