しおりの広場 > 集英社文庫のしおり >1977

集英社文庫
集英社文庫しおり図鑑 

◆1977年−1978年◆

集英社文庫は、1977年の5月30日に創刊されました。
このときは31冊が発売され、しおりの裏には、創刊31冊の題名がリストされています。
この創刊以来、毎月、新刊のご案内として、しおりが挿入されています。
しおりの「おもて」は左に示す「麦の穂」の写真、「うら」が毎月の新刊のリストです。
この「おもて」の「麦の穂」が、はじめて「海の風景」にかわったのが、78年5月、
それ以降も、何種類かの写真が登場しますが、断続的に79年3月まで
「麦の穂」が使われました。
ここでは1977年78年の「しおり」を、「おもて」のデザイン(写真)を中心に示し
「うら」については、リストの形に編集してみました。






◆1977年から1978年◆

しおりの「おもて」は創刊以来の「麦の穂」
(創生期のしおりの基本形といえる)







1977年5月創刊の裏
創刊31冊

1977年6月の裏
「読書クラブ」のご案内が
書かれている。

1977年8月の裏
このように毎月刷色も
異なった。

1978年4月の裏
はじめて、イラスト入りに。
「ひとりの時間を大切に」の
コピーも入っている。
1977年 5月 表「麦の穂」 裏「創刊31冊のリスト」青色印刷 ★(=画像参照)
1977年 6月 表「麦の穂」 裏「6月11冊のリスト」緑色印刷 「読書クラブ」案内つき★
1977年 7月 表「麦の穂」 裏「7月10冊のリスト」茶色印刷
1977年 8月 表「麦の穂」 裏「8月10冊のリスト」赤色印刷
1977年 9月 表「麦の穂」 裏「8月11冊のリスト」緑色印刷
1977年10月 表「麦の穂」 裏「10月14冊のリスト」黒色印刷
1977年11月 表「麦の穂」 裏「11月14冊リスト」茶色印刷
1977年12月 表「麦の穂」 裏「12月10冊リスト」茶色印刷
1978年 1月 表「麦の穂」 裏「1月10冊のリスト」茶色印刷
1978年 2月 表「麦の穂」 裏「2月10冊のリスト」紫色印刷
1978年 3月 表「麦の穂」 裏「3月10冊のリスト」紫色印刷
1978年 4月 表「麦の穂」 裏「4月11冊のりスト」青色印刷 「イラスト」つき★
右の月以外は「麦の穂」
を使用。

1978年5月
「海の風景」
6月7月8月も

1978年9月
詩集の案内
「10月18日発売」の文字

1978年10月
詩集の案内
「好評発売中!」の文字
1978年 5月 表「海の風景」 裏「5月の15冊リスト」青色印刷
1978年 6月 表「海の風景」 裏「6月の10冊リスト」橙色印刷
1978年 7月 表「海の風景」 裏「7月の10冊リスト」水色印刷
1978年 8月 表「海の風景」 裏「8月の10冊リスト」紫色印刷
1978年 9月 表「ぶどうと女性」 裏「詩集の第1回配本」 「10月18日発売」★
1978年10月 表「ぶどうと女性」 裏「詩集の第1回配本」 「好評発売中!」★
1978年11月 表「麦の穂」 裏「11月の10冊リスト」 茶色印刷
1978年12月 表「麦の穂」 裏「12月の10冊リスト」 薄茶印刷

★=画像参照のこと

  
 ◆集英社文庫のしおり(1977−78)によせて  ラバーソウルみなみ

集英社文庫が創刊された1977年当時、学生だった私は、多読をしていた時期になります。そんなわけで、自然と「しおり」に目が行きました。そして、毎月違う「新刊のおしらせ」のしおりが入るようになると、見事に「コレクターの魂」をくすぐってくれました。そんなわけで、集英社文庫の「しおり」こそが、私の「しおりコレクター」としての原点であります! 1977年と78年のしおりをリストにしたこのページは、あまり華やかさがないのです(トップページとしては、硬くて面白みがない(^^;))ですが、最初期の集英社文庫の雰囲気そのものともいえましょう。なお、当時、本屋さんで購入したものは、あまり手元に残っていないので、ほとんどが古本屋さんで調査・購入したものです。これで全部だと思いますが、挟まっている本自体が少なく、この時期は意外と調査がすすみません。


cacao86


しおりの広場 > 集英社文庫のしおり > 次にゆく