「しおりの広場」 > 文庫のしおり > 三省堂書店のしおり図鑑 > 3、小林裕美子さんのしおり



     3●「小林裕美子さんイラスト」シリーズ

三省堂書店のしおりといえば、「ミュシャ」と「小林裕美子さん」なんです!(きっぱり!)

ここでは、三省堂書店「小林裕美子さんデザインのしおり」のすべてをごらんいただきます


このシリーズは、華やかな「おもて」のデザインに加え、「うら」がメッセージカードになっているもの、広告になっているもの、
その「広告」のちがい、など、バラエティが豊富で嬉しくなります。。

※「うら」の広告違いを主にする「細分類」は「三省堂書店のしおり・専門カタログ」(近日作成)を
ご覧ください。(「おもて」についても、あらゆる情報の関連記述があります。予定)、

なお、同時期に発行された少数の広告しおりなどは、作成中の4「次のファイル」にまとめてあります。


三省堂書店しおり図鑑3 ●小林裕美子さんデザインのしおり●


1999年秋から2006年まで、「小林裕美子」さんのデザインによるしおりが発行されました。
全部で「27セット」(=112種類)のしおりが発行されました。。

ここでは、セットごとに発行順で、採録・分類しています。




◆1◆1999年秋・「大丸東京店オープン」(JR東京駅・八重洲口読書カフェ)


小林裕美子さんのデザインの最初のセットです。



オープニングが9月15日でしたから、その直前から発行・配布されました。
「うら」のデザイン広告は、それぞれ、2種類が認められる。

※以下ここ、「三省堂書店のしおり図鑑」では、「うら」の違いによる分類や、広告・デザインの詳細は割愛いたします。
(「三省堂書店のしおり・専門カタログ」(近日公開予定)には知りえた範囲の情報をすべて掲載予定です。ご期待ください!
                      (宣伝です・笑)
  


◆2◆ 1999年冬から2000年春のシリーズ



クリスマスからお正月、新春のイメージへ
一番右の「桜」は、次のシリーズに続きますが、著作者・小林裕美子さん自身の記録からこのセットにいれました。。

◆3◆2000年春「桜の季節」シリーズ



◆4◆2000年「初夏から夏」のシリーズ


かきつばた 初夏から盛夏へ 「王様と金魚すくい」もこのシリーズです。

◆5◆2000年「緑のメッセージ」シリーズ (配布は夏ごろから)



◆6◆2000年「秋」シリーズ



◆7◆ 2000年冬「21世紀シリーズ」





◆8◆ 2001年春「サクラサク サンセイドウ」





◆9◆2001年「うさぎ」





◆10◆2001年初夏「もーちゃん」シリーズ



◆11◆2001年秋「秋のメッセージ」シリーズ






◆12◆2001年冬「冬のメッセージ」シリーズ





◆13◆2002年「学生服の猫」シリーズ (配布は春から)





◆14◆ 2002年春「春のメッセージ」




15◆ 2002年夏「夏の風物詩・メッセージ」シリーズ





16◆ 2002年秋「秋のメッセージ」シリーズ





◆17◆ 2003年「新春から」シリーズ




◆18◆ 2003年(春から)「緑のメッセージ」



◆19◆ 2003年初夏のシリーズ





◆20◆ 2003年秋のシリーズ





◆21◆ 2003年冬のシリーズ





◆22◆ 2004年春から配布「お茶目ボイルド」シリーズ


※このセットから数セットの「表題」は、当時の三省堂書店の担当者によるものです。


◆23◆ 2004年夏 「貝シリーズ」






◆24◆ 2004年冬 「時を越えて」シリーズ







◆25◆ 2005年春から 「猫がときどき居なくなるわけ」





◆26◆ 2005年秋から 「季節のしおり」





2005年冬から 「ラストシリーズ」





このセットが2005年冬から2006年にかけて配布され、「小林裕美子さん」デザインのシリーズは終了しました。
全部で「27セット」(=112種類)のしおりが発行されました。。



Special thanks for Ms Yumiko Kobayashi & Books Sanseido.     cacao86    2018


Link
小林裕美子さんのブログ



三省堂書店しおり図鑑 topページ

1●「初期のしおり」
2●「ミュシャのしおり」
3●「小林裕美子さんデザインのしおり」
4●そのほかのしおり(もうすぐup)

です。


[
しおりの広場」トップ

      しおりの広場 > 文庫のしおり >三省堂書店のしおり図鑑 >「小林裕美子さんのしおり」   

                                      ●次の「この時期のそのほかのしおり」へゆく(まだです)