「しおりの広場」トップページ  >  岩波文庫のしおり図鑑  >  全体分類表  



岩波文庫・新書しおり図鑑   しおりリスト (全体リスト)     2018.12.29作成 cacao86


 岩波文庫と岩波新書に添えられた「しおり」のリストです。

 岩波文庫と岩波新書は、1970年5月に、これまでの「スピン(ひも)のしおり」をやめて、紙製のしおりが挿入されました。
 それ以来、今日(編集時・2018年末)まで40年ちかく、さまざまな「しおり」が挿入されてきました。

 紙製の「しおり」になって、最初、岩波文庫と岩波新書は、別の種類のしおりが発行されていました。
 それが、1991年をもって、ほぼ統合されて、文庫も新書も同種のしおりになりました。

 ここでは、

 (1)岩波文庫のしおり 1970年~1997年まで
 (2)岩波新書のしおり 1970年~2018年まで
      うち、文庫と新書に共通したデザインのしおり 1992年~1997年までと
        文庫と新書に同じしおり  1997年~2018現在


 の順番にリストしてゆきます。


 さらに、

 ・全体の分類表
 ・写真入りの「しおり図鑑」
 ・「しおりの専門カタログ」

 の順に作成、アップしてゆきます。



全体の分類表

  

 (1)岩波文庫 のしおりリスト 1970年~1997年までその後の「文庫サイズ」のしおり

  この時期のしおりは、

  ・文庫のしおりサイズ  45ミリ × 135ミリ  でいわゆる「文庫サイズ」で、全部に共通です。

  ・紙質や紙の色については  厚紙と普通紙、台紙の色が、白紙(普通紙)、クリーム色の紙、黄色紙 など

  ・「おもて」については、文庫に収録された挿絵(全62種類)を基本として
     価格表記が星(★と☆)でなされたもの、定価の有無、著者別分類番号が付記されたものなど、

  ・「うら」について
     印刷のないもの、広告が描かれたもの、「広辞苑によれば」のシリーズ など、

  発行の時期によって、それら特色(の組み合わせ)で、大分類でき、さらに、図案や、広告の種類・刷色によるちがい、テキストのちがいなどで
  細分類が可能です。

  それぞれ、発行の順番に、リストしてゆきます。 (なお、一部、シリーズごとの発行の順番が明確でなく、
 いろいろな資料からの推定を含みます。また「シリーズ」は正式に発表されたものではなく、便宜上。編者がつけているものです。以下も同様)

  先に、全体の流れと、主な特色を比較した「全体図」を示します。
  最初は、なんのことかわかりにくいのですが、順を追って読み進めて分類してゆくと、よく理解できます。
  あとで、ここに戻ってくると、分類が楽しくできるようになる(はず)です。

  1-1  最初期の「文庫しおり」  おもて 挿絵  価格表示 ★(黒星)による  うら 印刷なし というような特徴を表にまとめると、以下のようになります。

 分類
番号
 推定年代  おもての意匠  価格表記    紙質   著者別
 番号
 うらの広告など    特記事項など
   年代 おもての意匠

 星
なし





紙 
著者別
 番号 
なし  広告と種類  うらの記述
01  1970  文庫作品の挿絵      〇      〇      厚紙・超厚紙あり
茶色逆刷りあり
02  1975  文庫作品の挿絵      〇      〇      
 03 1978
 文庫作品の挿絵   ☆     〇       鷗外選集     
04  1979  文庫作品の挿絵      〇        文庫選    
 04a 1979+  石川淳選集        〇        ドリトル先生    組み合わせ違いあり
代表例としてリストアップ
05 1981   文庫作品の挿絵      〇        〇      
06  1981  文庫作品の挿絵      〇        〇      
07  1983  文庫作品の挿絵      〇    〇      広辞苑3版    
08
 1984  文庫作品の挿絵      〇    〇      広辞苑3版
名入れ辞典
   
09  1984  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    広辞苑3版
名入れ辞典
   
10  1986  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    国語辞典4版    
11  1987  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    岩波文庫総目録    
12  1987
 文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    漢語辞典  完成記念
特価
 
13  1987  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    漢語辞典    
14  1989  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    漢語辞典  消費税
3%課税
 
15  1989  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり     現代用字辞典2版    
16  1989  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    現代用字辞典2版 消費税
3%課税
 
17  1990  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    「広辞苑」によれば    挿絵(新しいものもあり)
18  1991  文庫作品の挿絵      〇    〇  〇あり    月刊「よむ」    挿絵(新しいものもあり)
19  1992  広辞苑4版箱入り          〇      言葉散策    文庫サイズ・横45ミリ
20  1992  広辞苑4版最新版        〇        言葉散策    文庫サイズ・横45ミリ
21  1993  広辞苑4版最新版          〇      言葉の寄り道    文庫サイズ・横45ミリ
22  1994  広辞苑4版最新版                言葉の寄り道    文庫サイズ・横45ミリ
23  1995  国語辞典5版        〇        広辞苑4版    文庫サイズ・横45ミリ
24  1997  広辞苑4版最新版        〇        言葉の道草    文庫サイズ・横45ミリ
   
推定年代
 
おもての意匠
     
星なし
 
白紙
 
クリーム紙
 
著者別番号
 
なし 
   広告
と種類
 
うらの記述
 
備考・特記事項

※「文庫サイズ」 = 45ミリ × 135ミリ   上の一覧表で、19~24 は 同様のしおりで「新書サイズ」( 48ミリ × 135ミリ)のものがある。
 「新書サイズ」のものは、岩波文庫の新刊にも挿入されているが、逆に「文庫サイズ」は新書には見られず、文庫にのみ挿入されていたと考えられるので
 「文庫サイズ」の 上記 19~24 は 「文庫のしおり」一覧に整理しています。



(2)岩波新書(独自)のしおり 1970年~1997年まで
その後の共通のしおり

 この時期の岩波新書のしおりの特色としては、当初、毎月、「新刊の案内」が掲載されて、原則、毎月発行されたことです。

 1.おもての図案によって、創刊時からの「青いスプーン」もようと「新刊の書名」、うらに「今月の新刊の内容案内」
 2.おもての図案が「本の知識」(全12種類を1種ずつ毎月順に) うらは「今月の新刊の内容案内」
    が原則です。ですから、1970年5月から1989年12月までは
 
 「おもて」の図案だけで大きく分類すると、「青いスプーン」(1種類)に「本の知識(全12種類)」の計13種類が基本になります。
 (あくまで原則で、正式には、それに、例外的に別図案の数種類がくわわります)

 その後、複数のしおりが一気に挿入されるのが、1990年の「広辞苑によれば」シリーズで、続いて、1991年のうら面が
 「雑誌・よむ」の広告がはじまります。

  「文庫」のしおりのときと同様、最初に「全体図」を示しておきます。「文庫」の分類よりも見かけは多いですが、
 シリーズごとの比較さえきちんとできれば、意外とわかりやすく分類できると思います。

 番号  推定年代  おもての意匠 記述   うらの意匠  備考
 01  1970.6~  青版表紙とランプ    新刊案内(最新刊) 文庫サイズ(よこ45ミリ)
 02  1978.4~  本の知識シリーズ(1~12)    新刊案内(黄版)) 新書サイズ(よこ48ミリ)以下すべて
 03  1988.1~  本の知識シリーズ(1~12)    新刊案内(新赤版)  
 04  1990  本の知識シリーズ(1~12)            広辞苑によれば(1~12)  白紙
 05               (4)のみ    広辞苑によれば  黄色紙
 06
 1991           (5)~(10)    月刊「よむ」  黄色紙
 07  1992  広辞苑(第四版)箱入り  特別価格  言葉散策   ※文庫(19)と類似デザイン
 08    広辞苑(第四版)最新版    言葉散策  
 09  1993
 広辞苑(第四版)最新版    言葉の寄り道  
 10  1995  国語辞典五版    広辞苑四版   ※文庫(23)と類似デザイン
 11     広辞苑(第四版)最新版    言葉の道草  
 12  1997  岩波文庫解説総目録    言葉の道草  これより後は「新書サイズ」であっても、
新書のみならず、文庫にも挿入されます。
 13    広辞苑(第四版)    言葉の道草  
 14  1998  世界人名辞典    哲学・思想事典  
 15  1998.11  広辞苑(第五版)  特別価格  言葉の玉手箱  
 16  1999~2004  広辞苑(第五版)    言葉の玉手箱  
 17  2005~  広辞苑(第五版)  信頼と実績  言葉の玉手箱  
 18  2006.4  風神・新赤版表紙    新・新赤版1000点挨拶文  
 19  2007  育々事典    目次  
 20  2008.1~  広辞苑(第六版)  ことばには  「広辞苑」を散歩する  
   2012  岩波書店100年    (なし)  
   2014.9~  岩波新書3000点    名著探訪  
   2015  広辞苑(第六版)  刊行60年   「広辞苑」を散歩する  
   2016  漱石全集    漱石クイズ  
   2018  本の豆知識    (なし)  
   2018  広辞苑(第七版)  ことばは自由  「広辞苑」に遊ぶ  
           
 
番号
 
推定年代
 
おもての意匠
 
記述
 
うらの意匠
 
備考

  01のしおりのみ「文庫サイズ」(よこ45ミリ)で、02以下はすべて「新書サイズ」(よこ48ミリ)
  20以降は、現在調査中で、暫定リストです。


(3)文庫と新書に共通したしおり 1997年~2018年現在 この時期の「文庫サイズ」は(1)に 「新書サイズ」は(2)に収録


ここから、文庫と新書にまったく「おなじ」しおりが入ります。主に白紙で、サイズはだいたい「新書」のサイズで発行されましたが、これが新書だけでなく、
文庫にも入りました。つまり、(それまでの)「新書サイズ」のしおりが新書だけでなく、文庫にも入りました。

「新書」サイズであっても、「新書(だけ)のしおり」ではなく、文庫にも挿入されたわけです。(なお「文庫サイズ」のものも発行されていますが、これは「文庫」には入っていましたが、逆に、「文庫サイズ」のしおりが新書にも入っていたかは、確認できていません。よって(1)の「文庫のしおりリスト」に収録しました)

 文庫と新書の独自性がなくなりました(つまり、区別ができなくなりました)ので、1992年からは、「広辞苑」の各版の広告が中心の図案になり、そのデザインや内容、
また「うら」では、シリーズのちがいがあり、それぞれ同一シリーズでも「ことば」のちがい(ひとつの「おもて」に対して19種類から20種類の「ことば」)があり、この細分類も楽しくなります。テキストのちがいは、大切なものになります。

 なお、個別の解説でも示しますが、実は、最近・最新の2011年ごろから以降の時期が、意外に確定しずらく、あくまでも「仮の分類」という点だけは、ご承知ください。





岩波ジュニア文庫のしおり 1978年~
 岩波文庫と岩波新書に続いて、1978年に創刊され、当初は「ジュニア新書」独自の「しおり」が挿入されていました。
 文庫や新書のしおりと共通のデザインも多く、いつしか(時期不詳)上記のものと共通のしおりが挿入され、
 その後、ジュニア文庫・新書独自のデザインのしおりもあるようです。
 ただ、収集している数が少なくて、まだまだ、全貌があきらかになっていない分野です。


  「しおりの広場」トップページ  >  岩波文庫のしおり図鑑  >  全体分類表