トップページ  > 藤波全記録 > 特選300試合 > この試合


ドラゴン特選試合ロゴ

●猪木・藤波vsマードック・アドニス
 「MSGタッグリーグ優勝!」

▼1984年(昭和59年)12月5日 大阪・大阪府立体育会館
 第5回MSGタッグリーグ優勝戦時間無制限一本勝負

  ○猪木・藤波(33分31秒・卍固め)マードック・アドニス×


 

▼試合経過▼
 第5回MSGタッグリーグ戦の優勝戦。とにかく、マードックとアドニスの連携がすばらしい。藤波がつかまって防戦一方のまま20分が過ぎた。アドニスにさそり固めを決め有利な展開に持ち込む。マードックも負けてはいない。猪木のここ一番の大技、雪崩式ブレーンバスターがアドニスをとらえる。さらに延髄斬り、そして最後は、猪木の卍固めがアドニスを捕らえ、新日師弟コンビの初優勝。


▼この試合について▼
 優勝が決まった瞬間、藤波が猪木に抱きついていった。久々に見る感動の勝利。それもそのはず、猪木・藤波組がペースをつかめず、逆にマードック・アドニスの好連携に大苦戦。公式戦では30分時間切れ引き分けの両チーム。猪木組はアンドレ組に敗れて決勝進出も危うかった。しかしマシン組がアンドレ組から反則勝ちをひろい、そのおかげで、猪木組が辛うじて決勝進出。勝った方が文句なく優勝という決定戦となった。この日は時間無制限。苦戦のすえ、師弟コンビの闘魂大爆発!といった最後が、ごたごた続きのこの年1年を締めくくった。それにしても、リング上で表彰を受けるこんなに嬉しそうな師弟コンビの顔は久しぶりであった。


ラバーソウルみなみ

トップページ  > 藤波全記録 > 特選300試合 > この試合  次の特選試合にゆく