トップ > 闘う >特選試合 >

●藤波vsカルロス・ホセ・エストラーダ
 「藤波、MSGでタイトル奪取! 飛龍原爆固め炸裂」

▼WWWFジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負
 1978年(昭和53年)1月23日 ニューヨーク・マジソンスクエアガーデン

○藤波(11分31秒・飛龍原爆固め)カルロス・ホセ・エストラーダ×

 藤波がタイトル奪取に成功

GIFアニメです。とまっていたら、「リロード」してみてください

 この試合の写真集(別枠が開きます)


▼試合経過▼

1978年1月23日。

ニューヨーク・マジソンスクエア・ガーデンでのカルロス・ホセ・エストラーダとの選手権試合。雪でニューヨーク入りが1日遅れ、コンデションを調整。ミル・マスカラスがメインエベントで登場。その前に、WWWFジュニア選手権試合が組まれた。

「これからニッポンの藤波辰巳選手が、選手権にチャレンジします」
解説の櫻井さんと舟橋アナウンサーがエプロンで話しているのが映し出され、そこに「ベルト」をもった「スーパースター・ビリー・グラハム」が乱入する。・・・・。そんな雰囲気のニューヨーク。


チャンピオン、カルロス・ホセ・エストラーダ。

1階席から5階席まで満員。観衆22500人。

いよいよ試合開始。

ゴングがなった。いきなり首の取り合い。藤波がホイップで投げると、腕を逆にとってくる。
エストラーダは一回転して足を狙ってくる。スタートから激しい動きだ。
藤波がいきなり飛んだ。すごいハイアングルのドロップキックだ。エストラーダは、すっ飛んだが
ベテランらしく受け身をとって立ち上がる。ひじうちからいきなりエストラーダがエキサイト。
藤波の顔面とボディへパンチ。ストンピングから足を取ってレッグロッグ。藤波が一転して、デスロック
に決めた。激しい足の取り合いになった。めまぐるしく動く両者。

あらためて、藤波を見ると、全身が引き締まっている。なにしろ、ドロップキックのジャンプ力が凄い。
相手の胸を上方から蹴りつけるようなドロップキック。何度でもたたきつける。

ホセもなかなかいい選手だ。予想していたような「単なる」チャンピオンではなかった。藤波を投げる速さ、タイミング、ドロップキック。

ロープに飛んだ藤波が、相手の頭の上を飛び越えた。振り向きざまタックル。コブラツイストに捕らえたが、
これをはずされると、こんどはローリング・ネッククラッチ。エストラーダはカウント2で返し、藤波のボディに
ブロー。藤波の顔がゆがむ。

エストラーダは蹴りまくる。ロープに振って、カウンターのニーバット。1発、2発。藤波は、2発目をジャンプで
かわして、相手の両肩にフック、スモールパッケージホールド。エストラーダ、カウント2で逃げる。
場内歓声とおどろき。

エストラーダも、思っていたより、すばしっこい良い選手だった。藤波の左腕に的を絞った闘い方も渋い。


壮烈な、ドロップキックの同士打ちから、チャンスをつかんだ、エストラーダ。
コーナーポスト最上段からの急降下式セントーン!
見事にかわした藤波。するすると、背後から忍び寄ると、フルネルソン。
そのまま勢いをつけて、後方へスープレックス!

レフェリーもどうしてよいかわからず、とりあえず、カウント。
ワン、ツー。ずいぶん間があいて、スリーーッ!

「スリーがはいったの?」そんな表情の藤波。

レフェリーがうなづくと「やったー!」 最高の笑顔。

おおいに沸かせる試合を制して「ドラゴン・スープレックス」で決めた藤波。この勇姿が、単純に「かっこいい」。

決まった瞬間、思わず、舟橋アナウンサーが叫ぶ!

「猪木2世!猪木2世! ドラゴン・藤波辰巳!」
リング上を「じっと」見つめる仕掛人新間氏も一瞬映し出される。

船橋アナウンサーが興奮してしゃべり続ける。いつもは静かな実況の(古舘じゃないから落ちついている。ましてや、うるさい辻じゃない)船橋アナが興奮。

「やりました、藤波。飛龍固め。ドラゴン・スープレックス!」

テレビを通じて、一般から公募することになっていた、新しい技の名まえを叫んでしまった。櫻井さんの命名。ドラゴンスープレックス!

インタビューだ。
「客に呑まれちゃってね。最後のは、カウントというより、相手がギブアップ
なんです! ゴッチさんの新兵器なんですけど、僕に使っていいと・・・。」

少し早口な藤波。当然のことながら、若い! そして、初々しい。


 ■藤波選手の話

うれしい。日本のファンのみなさんの期待に応えられ、最高の幸せ。試合は負ける気がしなかった。

エストラーダを最後に射とめた技は、メキシコで覚えたものです。レイ・メンドーサ、エル・ソリタリオ戦で成功しているから、必ずやれると思った。3月頃日本に帰る予定ですが、そのとき、また新しい技(空中殺法)をお見せしたい。日本には必ず、このベルトを持って帰る。

 ■エストラーダ選手の話

残念だ。フジナミはスピードがあって、いいレスラーだ。

                    東京スポーツ 1978年1月26日号

                     ニューヨーク発 桜井康雄特派員


この試合の写真集(別枠が開きます)


▼試合について▼

この闘いは、シンたちとの「血生臭い」闘いに終始していた猪木の新日本プロレスの路線を変えた。誰も見たことのない技で、見事にチャンピオンになった藤波。山本小鉄でさえ、「そんな技は、できっこない」と首をかしげた技。

そして、この闘いこそが、「ドラゴン・ブーム」(さらには、後の「タイガーマスク」ブーム)を通して、日本のプロレスでの「ジュニア」の地位を作り上げる、礎となったのである。

藤波にとっても、日本のプロレス界にとっても、忘れられない闘いである。


ラバーソウルみなみ

トップ > 闘う >特選試合 >次の特選試合にゆく