トップ > 闘う >特選試合 >

●藤波vs新海 
「藤波辰巳デビュー戦」

※デビュー40周年記念 特別ファイルです。「日本プロレス」時代。
昭和46年(1971年) 5月9日 岐阜です。

      当時のパンフレットより

▼20分1本勝負
 1971年(昭和46年)5月9日 岐阜・岐阜市民センター

○新海(7分52秒・首固め)藤波×




デビュー戦の頃の藤波。まだ17歳だ

▼試合について▼

 日本プロレス時代に入門したのは昭和45年の6月。
 それから約11ヶ月かかって、デビュー戦を迎えた。

 その前からバトルロイヤルデビューは果たしていたが、これが本当のデビュー戦。
 相手は、入門を直訴した北沢(当時のリングネームは新海)。

 藤波自身、緊張のあまり何をしたのかも、まるで覚えていないというデビュー戦。
 実は、専門誌などでも、その試合経過の記述はほとんどない。

 有名な「体育館をバックにした試合写真」です。

   

 

※この上の「ドロップキックを藤波が」やっている写真は、
 東京スポーツ社の書籍にあったものですが、写真を見ると、ドロップキックのフォームがすばらしい。

「緊張しているか?」
「・・・・・・。」
「思い切って、とび蹴りをやってこい!」
「はい」

こんな会話が、試合前にあったそうだ。

ただ、当時、若手は派手な技はやってはいけなかった(あとで、先輩から殴られた・・・)などという
不文律からすると、デビュー戦での緊張とあいまって、
「できたのは、このとび蹴りだけ」
という話もつたわっています。


ちなみに
 この一戦が行われたシリーズは「第13回ワールドリーグ戦」
 この日、猪木はアンジェロ・モスカとリーグ公式戦。8分12秒・あばら折りで快勝。
 馬場は、大木と組んで、ブッチャー、メンドーサ組に2−0で勝利している。
ブッチャーとメンドーサが組んでいるところは、なかなか面白い。

 このワールドリーグは、馬場と猪木が同点で最終戦を迎え、5月19日大阪府立で、
 猪木がデストロイヤーと両者リングアウトの引き分け。馬場がブッチャーに勝ち優勝した。

 なお、 いうまでもなく、藤波のデビュー戦はワールドリーグとは直接関係はない( ^ ^ ;


自伝「未完のレジェンド」(藤波著)ほか、何冊か書籍や、さまざまなインタビュー記事から
デビュー戦についてまとめてみると、ほとんどの記述に「なにも出来なかった」とある。



          いよいよ「デビュー戦」の試合を組むと
          出場を告げられたのは試合の当日だという。
          その数日前から「そろそろ試合を組むから」といわれてはいたという。

          デビュー戦は、「練習とはちがって、なにも出来なかった」
          「北沢さんが、ものすごく大きく見えた」
          「とにかく、なにもできなかった」
          「なにをしたかなんて、無我夢中で覚えていない」
          「練習では何時間でも出来るのに、試合では5分で精一杯だった」
          
          藤波「頭が真っ白になってね。試合後に北沢さんから『痛かったか?』と
              声を掛けられた気がする。でもその次には『早く着替えてセコンド
              に行け』と怒られた」
          また「北沢さんが、普段以上に大きく見え、5分過ぎからは立っているのが
              つらいほどスタミナがなくなった」とも。(著書「無我」より)
       
          入門からデビュー戦まで時間がかかったが、これは、藤波が格闘技の
          経験がなく、また身体を大きくするのに時間がかかったことによる。

          猪木の「プロとして、恥ずかしくないようになってから、デビューさせる」と
          いう方針もあったという。

          当時は、デビューする新人に、先輩がレスリングシューズをプレゼントして
          くれるという風習があったが、藤波には、対戦相手で先輩の北沢から
          プレゼントされた。また、当日は、試合用のタイツも北沢から借りて臨んだ
          という。(「未完のレジェンド」より)

    デビュー戦まで そして、この後の藤波選手の活躍は「ドラゴン大年表」をどうぞ!


         


ラバーソウルみなみ

トップ > 闘う >特選試合 >次の特選試合にゆく