トップ > 闘う >タイトル全記録

藤波タイトルマッチ全記録


■ドラゴン・タイトルマッチ全記録■
「ドラゴン・ザ・チャンピオン!」


藤波は、これまで「15本」のベルトを巻いている。
これは、新日時代のアントニオ猪木の「6本」よりも多い。


このコーナーでは、藤波の巻いたベルトの選手権試合の記録をすべて公開する。

2012年以降に他団体のタイトルを奪取したため、
15本となった!


また、「ベルトの奪取」はならなかったものの、藤波が、選手権に挑戦した試合も、可能な限り採録する。
(更新さらに準備中)


▼選手権ベルトを奪取したもの。▼

 ●WWWFジュニアヘビー級選手権

 ●NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級選手権

 ●WWFインターナショナル・ヘビー級選手権

 ●UWA世界ヘビー級選手権

 ●IWGPヘビー級選手権


 ● IWGP・タッグ選手権


 ●PNWヘビー級選手権

 ●WCWAヘビー級選手権

 ●NWA世界ヘビー級選手権

 ●アメリカス・タッグ選手権

 ●WWFインターナショナル・タッグ選手権


 ●CMLL認定 KO-Dタッグ選手権(NEW)


番外編です。■2013年(平成25年) 14本めのタイトル

 ★ごじゃっぺプロレス 9月21日 茨城・つくば市カピオ
 ▼GJPヘビー級選手権試合・60分一本勝負
 ○藤波( 未詳 )吉田充宏×
  ※藤波がタイトルを奪取に成功。
 
   ※次回開催まで預ける形で、王座返上。


さらに、 ■2018年(平成30年)  15本めのタイトル

   ★ヒートアップ  6月23日 神奈川カルッツかわさき
  ▼ヒートアップ・ユニバーサルタッグ選手権
   〇田村・藤波(12分20秒・腕固め)新井・久保田×
    ※藤波組がタイトル奪取に成功



★暫定追加コーナーです。。藤波さんのタイトルマッチが、抜けていました! 杜撰遺漏で申し訳ありません。

 まずは、獲得戴冠したタイトルそのものが、抜けていたもの。です。

◆CWA認定インタコンチネンタルヘビー級選手権

 
#1991年 12月21日 ドイツ・ブレーメン市スタッド・ハレー
 ▲CWA認定インタコンチネンタルヘビー級選手権決定戦60分一本勝負
  ○ベイダー(28分38秒・反則勝ち)藤波×  ※ベイダーが初代王者になる

 ♯1992年 7月11日 オーストリア・グラーツ エイシャルリベンナオ
 ▼CWAインタコンチネンタル ヘビー級王座決定戦・60分1本勝負
  ○藤波(17分8秒・回転エビ固め)ボブ・オートン×

  藤波がタイトル奪取に成功。日本に帰国のため返上。
  このCWAは、 Catch Wrestling Association ドイツとオーストリアでオットー・ワンツが主宰していた。

 

 つぎに、大切なタイトルマッチが、すっかり抜けていたもの。

◆1985年 5月13日 大分・大分県立総合体育館
 ▼WWFインターナショナル・ヘビー級選手権試合60分1本勝負
  △藤波(16分21秒・両者TKO)スヌーカ×

大事な試合が抜けてしまっていて、ごめんなさい。 ご指摘のメールをくださったY.Yさん、ありがとうございました。(2016.7.16)







▼選手権に挑戦したもの▼

1978年の凱旋帰国以降88年まで(以後調査中)



●WWF認定ヘビー級

 1.1983/1/1 後楽園ホール 
       ○バックランド(12分36秒・エビ固め)藤波×

 2.1983/8/5 蔵前国技館  
       ○バックランド(25分15秒・回転足折り固め)藤波× 

●WWF認定世界タッグ選手権

  1984/12/8 フィリピン・ケソン市アラネタコロシアム
      ○アドニス・マードック(18分19秒・片エビ固め)藤波・木村×

●WWFヘビー級選手権

  1985/6/11 東京体育館
      ○ハルク・ホーガン(11分4秒・エビ固め)藤波×
  

●AWA世界ヘビー級選手権
  
  1988/10/17 テネシー州ミッドサウスコロシアム
      ○ジェリー・ローラー(35分20秒・反則勝ち)藤波×


トップ > 闘う >タイトル全記録