トップページ > ドラゴンおもちゃ箱 > 



ドラゴン・ピン・バッジが当たった! 
 <ホームページNJTVのプレゼント賞品>    



これが「ドラゴン・ピンバッジ」だ!(かなり拡大)

  
 インターネット上のサイト「NJTV」に、藤波宣言というコンテンツがある。

毎週、藤波社長が、ホンネでトーク!
という触れ込みなのだが
毎週ではなく、月に2度程度更新になり
ついには、月1回の更新が当たり前になってしまった。( ^ ^ ;
今日は9月4日であるが、今日現在のNJTVでの藤波宣言は8月3日のもののまま。
更新する気配もない(笑)

それでも、7月15日収録の「藤波宣言」の番組の中で
「ピンバッジ」プレゼントがあった。

インタビューアー「今日は、社長のピンバッジのプレゼントがありますね」
藤波社長「はい! ピンバッジを視聴者のみなさんに差し上げます」   
インタビューアー「すてきな、ピンバッジです」                 
藤波社長ドラゴン・ピンバッジです!!」            

さっそく「応募先をマジックで手書きで紙に書き、それを静止画面で撮す」という
掟破りの画面を見て、
ハガキで応募した。
しかも、インターネットでは珍しい「ハガキ限定」応募なのに、
宛先の郵便番号なし。(笑)

「いつも、藤波さんを応援しています。奥さんのかおりさんもステキです」
新潟市の主婦・妻の名前で応募した。

しばらくして、出張先に妻からメールがはいった。
「ドラゴン・ピンバッジがあたりましたよ」

帰宅後、封筒を開ける。
「ピンバッジ」がポリ袋に包まれて、無造作に入っていた。

妻「ね。なんにも無いでしょう?」
私「そうだね」
普通、懸賞やプレゼントに当選したら、
「当選、おめでとうございます!!」
とかなんとか印刷された「通知の紙」が入っていそうなもんだ。

「いつも、藤波選手を応援してくださって、ありがとうございます。」とか
せめて
「これからも、藤波選手、そして新日本プロレスリングをよろしく!」
とか入っていれば、いいのになあ。

会社の姿勢がうかがわれてしまった、といったら、言い過ぎ?

もちろん、当選は嬉しいけれど、お喜びの手紙1枚で、その喜びや
ファンの気持ちは倍増するんだけどな・・・。
せっかくの、ドラゴン・ピンバッジ、送付方法に問題アリ!といったところかな。

でも、これも、大げさに騒がない「藤波社長」らしさといえば、
いえないこともないですね(笑)

NJTVホームページ


ラバーソウルみなみ



トップページ > ドラゴンおもちゃ箱 > ピンバッジ