トップ > ドラゴン大年表 >1994

 ドラゴン大年表 

ドラゴン大年表  平成 6年(1994年)


 ●平成 6年(1994年)  40歳


 ・ 1月 4日  東京ドーム大会で、藤波はハルク・ホーガンと一騎打ち。アックス・
          ボンバーで敗れる。この日猪木は天龍に敗れる。オープニング
          は伝説の「白波五人男」

 ・ 1月30日  後楽園でファイティングスピリット94シリーズ開幕。藤波は長州と組み
          カブキ・越中組と対戦。長州がサソリ固めでカブキから勝利。
 ・ 1月31日  大田区体育館で、藤波は長州・橋本と組み、越中・健吾・後藤組と対戦
          し、長州が越中に敗れる。


 ・ 2月 6日  札幌で、新日軍と平成維震軍との7対7決戦。藤波は、越中に負傷した
          右手を攻められ敗れる。この負傷で8日と9日を欠場。

 ・ 2月17日  両国でシリーズ最終戦。新日軍と平成維震軍の10人タッグが行われ、
          3本目を藤波が後藤から奪って、勝利。

 ・ 2月24日  武道館大会で、藤波・長州・木戸組が、パワー(佐々木)・野上・飯塚組
          と対戦。藤波が飛龍裸締めで野上に勝利。
 ・ 3月 5日  和歌山でハイパーバトルシリーズ開幕。
 ・ 3月16日  後楽園で猪木が試合に出場。安田と組み、蝶野・木戸組と対戦。猪木の
          反則負け。セミが藤波の登場する6人タッグ。メインはWCWインターナショナル
          選手権試合で、馳がリックルードを破ってタイトル奪取。(24日に再戦、馳は
          逆フルネルソンで敗れ、タイトルを奪回された)
 ・ 3月28日  東京ベイNKホール大会で、橋本・武藤・蝶野・馳組vs藤波・長州・藤原・木戸
          組が行われ、橋本が木戸から勝利。
          
 ・ 4月 3日  後楽園でバトルラッシュシリーズ開幕。藤波は試合無し。



 ・ 4月 4日  広島で藤波が橋本を破り、第15代IWGPチャンピオンに。

          藤波「どうのこうの言う前に、・・・・・ 甘い!」

          この日は天龍長州組が、武藤・蝶野組と対戦。試合中に武藤がムタと
          変身して試合続行。猪木が馳と組み、藤原・石川雄規と対戦。勝利。

 ・ 4月 7日  熊本で藤波・木戸組が橋本・パワー組に勝つ。
 ・ 4月16日  両国でスーパー・J・カップ大会。14人のジュニア選手が闘い、最強の
          ジュニアを決める。この大会の優勝者に、WWFジュニアのベルトを贈呈す
          ると藤波が宣言。ペガサスがサスケを破って優勝。

 ・ 4月中旬  藤波は、テレビ番組の収録のため、中近東に旅立った。ベトウインとの
          テント生活や苛酷な砂漠の生活をレポート。6月19日に放映された。

 ・ 5月 1日  福岡でレスリングどんたく大会。藤波は橋本に敗れ、王座防衛に失敗。
          この試合は、一方的に橋本が攻め、藤波は徹底的に受ける試合。藤波の攻撃が
           全くといってよいほどみられない試合であった。

           橋本「今日の藤波辰爾は、怖かった。はじめて、あんな迫力を感じた。とにかく怖かった」

          なお、この日猪木カウントダウン第1戦が行われ、猪木がムタに勝つ。
          また、佐山がライガーとエキシビションで登場。

         

          
 ・ 5月26日  津でベストオブザスーパージュニアシリーズ開幕。藤波・長州・藤原組と
          橋本・武藤・蝶野組がメインで対戦。長州が橋本から勝利。
          なお、津大会を前にライガー・馳・田中リングアナとともに施設訪問。

 ・ 6月 1日  仙台で、藤波・長州組vs越中・後藤組が行われ、藤波が顔面絞めで後藤
          から勝利。
 ・ 6月 8日  高松で、藤波・長州・藤原組vs橋本・蝶野・馳組が行われ、馳が北斗原爆
          固めで長州から勝利。

 ・ 6月13日  大阪府立で、藤波は武藤と一騎打ち。グランドから武藤の大技を受けきり、
          ドラゴンロケットやバックブリーカーを決め、最後は連続の首固めでフォール
          勝ち。熟練の味が際だった見事な勝負であった。なお、この試合は、ビデオで
          撮影され、武藤や田中アナ、また金沢記者の解説をつけて「徹底検証ビデオ」として
          売り出された。

 ・ 6月19日  テレビ番組「感動エクスプレス・藤波辰爾の熱情砂漠紀行〜炎熱のシナイ
           半島4000年ロードを行く」という長いタイトルの番組が放映された。
 ・ 6月25日  新横浜プリンスホテルで、エル・サムライ選手の結婚披露宴に出席。仲人は 
          坂口夫妻。

 ・ 6月30日  長野でサマーストラグルシリーズ開幕。藤波は木戸と組み、初来日のリーガル・
          スコーピオと対戦。敗れる。

 ・ 7月 8日  札幌中島で、藤波は、長州・藤原と組み、橋本・蝶野・パワー組と対戦。試合
          開始前に長州が橋本の急所を蹴るなど、殺気だった試合に。蝶野が藤波に
          ドラゴンスクリューから飛龍裸絞めをねらい、藤波が蝶野にけんかキック2連発
          からSTFをねらう場面も。
          

 ・ 7月 9日  札幌中島2連戦の2日め。藤波・長州・藤原vs馳・武藤・橋本の
          対戦。藤波は馳のジャイアントスイングに、27回転させられるも、
          最後は馳から、足4の字固めできっちり勝利。


 ・ 8月 3日  両国でG1クライマックス開幕。Bブロック公式戦で藤波はパワーに勝つ。


 ・ 8月 6日  両国G1の4日め。藤波は橋本に腹固めで敗れる。
 ・ 8月 7日  藤波が馳に敗れる。優勝は、パワーとの決勝を制した蝶野に。

 ・ 8月20日  大津で「夏だ祭りだ新日本プロレスダァー」シリーズ(全6戦)が
          開幕。藤波は26日の両津大会のみ出場。(6人タッグ)

 ・ 9月17日  後楽園でG1クライマックススペシャルシリーズ開幕。スーパー
          ジュニアロイヤルランブル(時間差バトルロイヤル)が行われ、
          保永が優勝。
 ・ 9月19日  金沢で藤波・藤原組が橋本・木戸組を破る。
 ・ 9月23日  横浜アリーナで、猪木がウイリアムルスカと対戦。裸締めで勝つ。
          藤波・馳組が長州・中西を破る。橋本がパワーに、蝶野がムタに勝つ。

 ・ 9月27日 藤波は武藤と組み、長州・馳組と対戦。試合中に、馳に雪崩式ブレーン
          バスターを仕掛けるも、腰に大ダメージを受けてしまった。

  ・10月 1日 この日、藤波が出演したテレビ番組「晴れたらいいね」が放映された。
          フジテレビアナウンサーの益田由美と、瀬戸内海の無人島で釣りを楽しむ
          という内容で、同番組の第1回のゲストとして出演した。
          実は、ドラゴンは船に弱い(笑)

 ・10月 9日  後楽園でSGタッグリーグ戦が開幕。スーパージュニアタッグリーグも
          あわせて行われた。藤波は藤原と組み参加。優勝は蝶野・マシン組に
          勝った武藤・馳組。マシーンは覆面を脱ぎ、平田に戻った。なお、ジュニ
          アはペガサス・大谷組が優勝。(10月30日・両国)

 ・10月24日  福岡・久留米体育館で、藤波は藤原と組み、リーグ公式戦。ヘルレイザーズ
          と対戦。藤波がパワーに初フォールを奪われ敗れた。

 ・11月 6日  藤波は、新潟大学の学園祭(新大祭)で講演会をした。

 ・11月23日  郡山でバトルファイナルシリーズ開幕。藤波が3000試合出場達成。
          木戸に勝つ。試合後リング状で胴上げをされ、祝福を受けた。
          

 ・11月30日  横須賀で、藤波は小島と組み、長州・安田組と対戦。足4の字固めを
          安田にかけて勝利。

 ・12月 4日  日本橋の三越で歳末商戦に一役買うため、もちつきで気勢をあげた。
          藤波・クロネコ・佐々木が参加。
 ・12月11日  名古屋で藤波3000試合達成記念試合(第2弾)。藤波は藤原と組み、
          長州・武藤組と対戦。藤原が武藤に負け、敗戦。平田と蝶野が対戦、サブゥ
          が乱入。
 ・12月12日  大阪府立で藤波3000試合達成記念試合(第3弾)。藤波は藤原と組み、
          長州・谷津組と対戦。藤波が谷津から勝利。平田と蝶野が連夜の対戦。
 ・12月13日  大阪で、シリーズ最終戦。藤波は藤波3000試合達成記念試合(第4弾)
          として、長州と一騎打ち。藤波がグランドコブラで勝つ。

            藤波「感慨? ない! 東京ドームで、藤波辰爾は終わりです」

           この日、平田と蝶野が3夜連続対戦。蝶野がレフェリーを攻撃し、反則負けに、
          その直後、藤波を挑発。怒った藤波がリングに乱入し、蝶野を攻撃、
          平田も蘇生して蝶野をゴングへのDDTでノックアウト。そこに藤波が
          カウントスリーを入れた。

         


トップ > ドラゴン大年表 >つぎにゆく


ラバーソウルみなみ